静岡で出会いのキッカケをデート・合コンのセッティングでご提供中の静岡恋活デート焼津サロンです。最近は焼津を中心に大井川や吉田、牧之原の方もご登録者が増えており、誠にありがとうございます。

さて今回は結婚相談所の3ヶ月ルールという、普通の人からしたらちょっと信じられないような風習についてのお話をしたいと思います。

 

結婚相談所の中にはお見合いして2回目のデートを重ねた後に交際まで発展したら平均3ヶ月で結婚するかを判断しないといけないルールが設けられたりしています。

結婚相談所を利用する人の中には、普段の生活でなかなか出会いがなく、性格も引っ込み思案の為、大人数のパーティー形式よりも、紹介してもらった人と11でゆっくり時間をかけて話せるお見合い型の出会い方を選んで入会する人が多くいらっしゃいます。

しかし、せっかくお見合いで「この人いいかも」と思った人に出会え、楽しくデートを重ねて交際に至っても、ほとんどの人が3ヶ月以内に結婚を決断できずに悩んでしまうのが実際の話。

当然ですよね。結婚相手というのは一生を共にする相手ですので、3ヶ月で一生を共に過ごせる相手がどうかを見極めるのはハッキリいって無理です。相談所が成婚料欲しさに無理やり設定したルールじゃないの?と思ってしまうのは私だけでしょうか。

 

3ヶ月で結婚相手を選ぶ基準ってあるの?

そもそも、引っこみ思案で恋愛に対して積極的に行動するのが苦手な人が仲人さんの力をお借りして自分に合った人の紹介を受け、結婚までのサポートをしてもらいたいから利用するのが結婚相談所ですが、実際利用してみたら実は結婚をサポートしてもらうどころか、急かされてしまうわけですから、3ヶ月で決断する判断基準を持ち合わせていない恋愛に慣れてない人からすれば、とても無責任なルールだと言えます。恋愛に慣れた人でさえも正直3ヶ月で結婚を決断するのは無理です。

日常の中で自然な形で出会い、交際して結婚した人なら誰でもそうですが、相手のことを理解して結婚しているはずです。それまでの道のりには、何度もケンカや意見の食い違いを経て、自分のエゴを拭い去ったり、相手のセオリーを容認できるようになり、少しずつお互いの気持ちや考え方を理解した上でこの人とならと思って結婚に踏み切る訳ですが、

恋愛が苦手な人同士が3ヶ月でそれら全てを乗り越えるのは正直無理があると思いますし、それをわかっていながら結婚を勧める相談所の考え方に理解はできません。

また、結婚の前にほとんどの人は同居すると思いますが、やっぱり同居してみないとわからないことってたくさんあります。

ライフサイクルの違いだったり、家事へのこだわり、お金の使い方、仕事から帰ってきた後の気持ちや行動。

同居する前にはわからなかった細かい部分がハッキリわかってくるので、できれば最低半年程同居してから結婚するのが最もベターと言われている理由です。

少し話は反れましたが、出会いがない人に対して「3ヶ月で結婚できますよ」は決して親切なサービスではないということ。まずは恋愛経験を積んでもらうことが本筋でしょ!!と思う訳です。

 

恋愛経験を積むから自分に合った結婚相手かどうかを判断できる

そして恋愛経験を積むことで、相手の喜ぶことや嫌がること、相手への合わせ方や自分の意見を通すところなど、異性との接し方や相手の気持ちをわかるようになり、自然と自分に合った人を把握できるようになります。そうなった頃には恐らく、結婚相談所に頼らずとも自ら出会いを作り、無理なく自分に合った人と結婚することができるでしょうね。

結婚相談所では1~2年、それ以上の期間活動する人が多くいらっしゃいますが、その時間を使っても結婚できないはとても無駄に思いませんか?しかも、その間もずっと月会費を払い続けなければいけない。

2年もあればどれだけの恋愛経験を積めることか。

とにかく多くの人と出会い、たくさんの経験を積むことが結婚への近道と思う訳です。

詰まるところ、結婚相談所では3ヶ月ルールを設けて、結婚を急かすのではなく、お見合いという「出会いのきっかけ」を提供することが利用する人にとって最も有益なことなのです。

 

そこで今、選ばれているのが「デーティングサービス」なのです。

出会うキッカケにフォーカスしたサービス。お見合いのような結婚相手を探すのではなく、まずは会ってみて知り合ってみて、フィーリングの合った人たちがカップルになっていく自然の形を提供しています。

入会料や月会費、成婚料など余計な費用のご負担はなく、デートのセッティング料のみでご利用いただけます。

余計な費用をかけずに、まずは多くの人と出会って恋をして、自然と結婚が近づいてくる。

無料会員登録から始められます。無料会員登録のお申し込みは今すぐコチラから行えます。

最後までご覧いただきありがとうございます。